医療レーザー

医療用レーザー脱毛とは

医療機関でのみ施術が認められている医療用レーザーとはどういったものなのでしょうか。
レーザー脱毛は、黒色や茶色といったメラニン色素に反応するレーザーをお肌に照射し、毛根やその周辺組織にダメージを与えて脱毛を促していくものです。
レーザーを当てると、熱が毛を伝い毛根やその周辺組織に届きその熱で組織を破壊していくもので施術直後から毛がなくなってツルツルになっていくわけではありません。施術後はまだ毛が残っている状態ですが、数日経つとその毛が抜け落ちてきて、再度毛が生えてきても薄く細い毛になっています。
毛の毛周期という生え変わるサイクルに合わせてレーザーを照射することで、だんだんと毛が生えてこなくなるものなので、2〜3か月に1度レーザーを照射し完全な脱毛状態になるまでは最低でも1年程かかるといわれています。
しかし、その人の体質・毛質によっても完全な脱毛状態になるまでの期間は異なりますので、担当の医師に相談してみるのが良いでしょう。
レーザー脱毛の施術はあまり痛みを感じる方も少なく痛みを感じても輪ゴムでぱちんとはじかれる程度と言われていますので、痛みが苦手という方も安心して施術が受けられますし、万が一耐えられないという場合には麻酔を使用しての施術も可能です。